高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

藤井 達也さん
インタビュー公開日:2017.09.15

人として大切なことも教えてくれた
サッカー部の先生への憧れが原点。
小学校の教員として、6年生のクラスを担任する藤井さん。教員になる原点は、中学校時代のサッカー部の顧問の先生だったと振り返ります。
「当時の学校はちょっと荒れていて、その先生によく怒られたものです。でも、サッカーだけでなく、人間として大切なことを教えてくれていたので、やんちゃな生徒もみんな慕っていました。今となっては社会に出た時のことを見据えた教育にあたってくれていたんだって思いますね」
その先生への憧れから、大学ではスポーツ教育課程を専攻。難関といわれる札幌市の教員採用試験に、みごと1年目で合格しました。
小学校教員は仕事がたくさん!
他の先生とチームでのぞみます。
「最初の年に担当するクラスの児童と出会った時、本当にかわいくて。愛らしい笑顔を見ているだけでも、この仕事に就いて良かったと感じました」と表情を緩める藤井さん。
小学校教員は基本的にはクラスの担任となり、全教科の授業を受け持ちます。とりわけ、北海道の学校は冬にスキーを教えたり、吹雪の日には児童の安全のために集団下校をさせることも。さらに、授業だけではなく、学級経営や保護者の対応、クラブ活動の指導、学校行事の企画など幅広い業務に取り組みます。
「他の先生方とチームを組んで一丸となってたくさんの仕事に取り組みます。新人時代は先輩の先生が授業を見に来てアドバイスをしてくれるなど、手厚くサポートしてもらえて本当にありがたかったです」
学級経営は試行錯誤。
先輩を見てやり方がつかめてきた!
先輩がフォローしてくれたといっても、もちろん最初からすべてがうまくいったわけではありません。学級経営には頭を悩ませたこともあったと苦笑します。
「最初のうちは、問題が起きたらその都度、モグラ叩き方式で対処していました。でも、先輩の先生を見ていて、あらかじめクラスの雰囲気やルールを作るように指導していくことが大事だとわかってきたんです」
今のクラスを担任するにあたって設けたテーマは「自分のことよりみんなのこと」。集団生活のルールについて年度の初めから口を酸っぱく指導してきたおかげで、少しずつ協調性が生まれてきたそうです。
クラスの子どもとコミュニケーションをとる上で大切なのが家庭学習ノート。全員に毎日提出させて、藤井さんは一言ずつこまめにコメントを書いています。
「大変なんですが、子どもは喜ぶし、やる気にもつながるので毎日続けています」
日々の授業の陰には地道な努力が。
研究授業で指導力をレベルアップ!
学校が一丸となって取り組んでいるのが指導力のレベルアップ。そのため、年に一度は他クラスの教員が授業を見に来て、内容について検討する「研究授業」も行っています。
「研究授業の担当になったら、綿密な準備が欠かせません。放課後の誰もいない教室で、一言一句のニュアンスにまでこだわって、実際に声に出して練習をします」
研究授業は他の先生からのアドバイスもたくさん受けられる上、学校全体でより質の高い授業や指導方法を見つけていくことにつながるのだとか。日ごろの授業の陰にはこんな努力が隠されているのです。
子どもの成長に感動!
自ら学ぶ姿勢が大切な仕事です。
藤井さんの仕事のやりがいは、子どもの成長を感じられること。特に1年、2年と続けて担任を受け持つ時は、振り返ってみると体も心もグンと育まれていたことをしみじみと感じるのだとうれしそうに話します。
「子どもは僕にすごくなついてくれて一緒に過ごすのが楽しいですし、卒業式で送り出す時には、自分も感動して泣いてしまいます」
児童との関わりを通して、自分の成長も実感しているという藤井さん。「教員としてさらにステップアップするには、他の学校の取組や講演会、本を読むことなど、自分から学んでそれを実践していく探究心が大切だと思います」と熱い口調で語ってくれました。
シゴトのフカボリ
小学校教員の一日
7:30
出勤
職員室で授業の準備、事務処理、
テスト採点
毎日全員が提出する「家庭学習ノート」のコメント記入
8:15
児童が登校
8:45
午前の授業開始
12:20
給食
13:05
昼休み(清掃)
13:30
午後の授業
15:05
児童が下校
教室でテスト採点、
「家庭学習ノート」のコメント記入
15:30
職員会議
行事や企画の打合せ、各部門の進捗等
16:30
職員室のデスクPCで学級通信の作成、
事務処理
翌日の授業準備
19:30
退勤
シゴトのフカボリ
みなさんへ伝えたいこと

子どもたちとの触れあいや、先輩の先生方からのサポートで、自分自身も成長できる仕事です。さらに技術を高めるために、職員がチームになって取り組んでいます。

シゴトのフカボリ
拝見!オシゴトの道具
画像にスライドに、iPadを活用
自前のiPadを、授業にフル活用しています。インターネットから画像をダウンロードして使ったり、写真を撮ってスライドショーにして授業で見せたりしています。また、学級通信に載せる写真もこれで撮れます。

札幌市立新琴似緑小学校

2017年で開校38年。学校経営方針「心の居心地となる学校を目指して」~学校が楽しい!!勉強が面白い!!先生、大好き!!友達、大好き!!~を重点とし、児童約440名が教職員24名のもと学んでいます。

住所
北海道札幌市北区新琴似10条11丁目5-1
TEL
011-764-4452
URL
http://www.shinkotonimidori-e.sapporo-c.ed.jp/

お仕事データ

子どもの成長の伴走者
小学校教師
小学校教師とは
国語や社会、算数だけでなく、
社会生活の基礎も指導!

公・私立の小学校で満6~12歳の児童の学習や生活を指導。基本的には国語や社会、算数などの教科を一人で教えますが、最近では音楽、体育など専門職教員を置く小学校も増えているようです。授業以外にも生活指導や学校行事の運営、地域社会との協力活動なども担当します。小学校時代は社会生活の基礎を学ぶ大切な時期で、教師が将来に与える影響は大きいのです。

小学校教師に向いてる人って?
時に優しく、時に厳しく、
成長を見守る人。

子どもの成長を心から喜び、責任を持って指導をしていく愛情たっぷりの人柄。優しいだけでなく、時には厳しく、常に公平な立場で接し、温かい目で成長を見守ることができる人が望まれます。また、子どもたちを引っ張っていく指導力や元気に負けない体力も必要です。

小学校教師になるには

小学校教諭として働くには、小学校教諭免許(一種または二種)の取得が必須。短大の子ども学科などを卒業すれば二種免許、大学の教育学部などを卒業すれば一種免許、大学の教育学研究科、教職大学院などを修了すれば専修免許が取得できます。公立校で働く場合には卒業年に各自治体で行う教員採用試験に合格すると小学校教諭に。一種と二種は基本的に仕事内容や給与に違いはないとされています。

※その他にも免許の取得方法はあります。詳しくは文部科学省のホームページをご確認ください。http://www.mext.go.jp/

ワンポイントアドバイス
採用試験には実技もアリ!

教員採用試験の実技試験科目は都道府県によって異なりますが、水泳、器械体操、音楽が行われることが多いようです。最低でも平泳ぎかクロールで25mは泳げること、また器械体操の基礎技術、ピアノやオルガンでの簡単な曲の演奏くらいはマスターしておきたいところです。