高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

お仕事データ

心と体の回復をサポート
作業療法士
作業療法士とは
生活スキルを向上させる
心身のリハビリを提供。

作業療法士の別名は「Occupational Therapist(オキュペイショナルセラピスト)」を略して「OT」。主に医療と福祉の分野で活躍し、身体や精神の障がいによって日常生活が困難な人に生活スキルを向上させるためのリハビリを提供します。身体的なリハビリとしては食事や排泄、入浴といった動作の訓練など。また、精神に障がいを抱える方に対しては、手工芸やスポーツ、レクリエーションを通して、日常生活や社会生活への適応を促します。

作業療法士に向いてる人って?
困りごとに寄り添う気持ちが大切。

作業療法士が接する患者さんは身体や精神に障がいを抱える人。相手の困っていることに寄り添い、なんとか助けたいと思う気持ちが大切です。また、提供するリハビリや作業は患者さんによってさまざま。ニーズをしっかりと把握するためのコミュニケーション能力や、柔軟に対応する力も求められます。

作業療法士になるには

作業療法士として働くためには、国家資格の「作業療法士資格」が必要。この受験資格を得るためには、文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した養成施設で3年以上学ばなくてはなりません。養成施設には、4年制大学、3年制の短大、3年制または4年制の専門学校があります。

ワンポイントアドバイス
理学療法士との違いって?

「理学療法士」は、座る、立つなど基本的な動作能力の回復を目指すのに対して、「作業療法士」は主にその後の社会適応に向けた心と身体のリハビリが多くなります。作業療法士はそううつ病や摂食障がいなどの患者さんも対象としており、リハビリテーションの現場で幅広く活躍しています。