高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

  • HOME
  • 入国審査官

お仕事データ

外国人と日本の橋渡し
入国審査官
入国審査官とは
不法入国や不法滞在を防ぎ、
日本の治安を守る防波堤役。

国際空港や港といった日本の玄関口で、外国人のパスポートやビザをチェックし、出入国を審査。日本に在留している外国人の在留資格を審査するのも仕事です。不法入国や不法滞在が発覚し、入国警備官から外国人の引き渡しを受けた場合は、違法性についてすぐさま確認。違反が認められる場合には、強制的に日本から退去させる権限も持っています。海外からの不法入国を防いで日本の治安を守る大切な役割です。

入国審査官に向いてる人って?
国を守る責任感と国際感覚が重要。

入国審査官は日本の安全を守る役割を担っています。国のために、国民のために働くという責任感が必要です。また、入国や在留資格の審査には冷静な判断力が求められるほか、宗教や文化の異なる外国人とも上手くコミュニケーションがとれる国際感覚も重要。

入国審査官になるには

入国審査官は法務省入国管理局に属する国家公務員なので、国家公務員採用一般職試験に合格するのが第一歩。入国審査官として採用されるには、試験で上位に位置する成績面と面接でも判断されるので、公務員試験の対策を行う予備校で高得点を目指して学ぶのも有効です。試験に合格すると、まずは「法務事務官」として働くことになりますが、数年の勤務経験を積むことで入国審査官への道が開けます。

ワンポイントアドバイス
訪日外国人が増加し、より重要な仕事に。

最近はグローバル化が進み、海外旅行や留学、ビジネスなどさまざまな目的で多くの人が国々を行き交うようになってきています。日本も観光地として人気が高く、訪日外国人の数は増加中。法務省は入国審査官の増員を計画中で、国としても出入国審査業務に力を入れていくと発表されています。