高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

お仕事データ

二次元から三次元へ
大工
大工とは
現場監督にも頼られる、
家づくりの中心的なポジション。

一般的に工務店や建築会社に所属し、主に木造建築物の新築や増築、リフォームなどを行う職人。設計図にしたがって建物の骨組みを作り上げる他、外壁や屋根、床、壁、天井といった部分の下地を手がけます。基礎や屋根・外壁・内装の仕上げ以外はすべての工程に携わることから、現場監督にも頼られることも多い重要なポジションです。左官業者や電気・水道・ガス工事担当者などとコミュニケーションを取りながら、建物を完成に導きます。大工は家づくりの中心人物であり、プロフェッショナルといえます。

大工に向いてる人って?
体力や器用さに加え、
ニーズを形にする提案力も大切。

建築材料を運んだり、カンナやノコギリを駆使して加工したり、ある程度の体力や器用さは必要。ただし、力仕事だけではなく、平面の図面を頭の中で立体的に置き換えることや材料の効率的な使い方などを考えるシーンも多くあります。他の職人と一緒に仕事をするため、協調性や人を引っ張るリーダーシップも大切。最近はバリアフリーやアレルギー対策など、住宅に求める機能が増えているため、お客様のさまざまなニーズを形にする提案力も重要になっています。

大工になるには?

大工になるには学歴も資格も不要です。一般的には大工職人を抱える工務店や建築会社で見習いとして働き、下積みを経験した後に一人前として認められるケースが多いでしょう。建築系の大学や短大、専門学校などには大工になるための技術や知識を学べる学科が設置されているところもあり、現場で役立つスキルを習得できます。取得が必須ではありませんが、「大工としての技能・技術」を示す国家資格として「建築大工技能士(1~3級)」もあります。

※「建築大工技能士」については「北海道職業能力開発協会」のホームページをご覧ください。http://www.h-syokunou.or.jp/index.html

ワンポイントアドバイス
最近流行の
「プレカット工法」とは?

かつては現場の大工が実際の建物の寸法に合うように、木材に墨付け(カットする部分の印付け)をして、手で木材を加工していました。ところが、ここ最近はプレカット工場に設置された自動工作機械で必要な長さに切断するだけでなく、継手(木材をつなぐ部分)や仕口(2つの木材を接合する方法)の加工まで施すことが増えています。このプレカット工法によって、大幅な工期短縮やコストダウンができるようになりました。