高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

お仕事データ

声で「場」を作り上げる
アナウンサー
アナウンサーとは
世の中のさまざまな情報を、
正確に伝える仕事。

世の中のニュースや目の前で起きている出来事、ホットな情報を正確に伝えるのがアナウンサーの仕事。ニュース番組の司会や現場レポート、スポーツ実況、バラエティー番組の進行など内容はさまざまです。主にテレビ局やラジオ局に勤務する他、フリーランスとして番組に出演したり、イベントや結婚式の進行を担当する人もいます。あらかじめ用意された原稿を読むのが基本的な役割ですが、内容をきちんと吟味した上で「最も大切な部分」や「抑揚のつけ方」などを考えて伝えるテクニックが必要です。

アナウンサーに向いてる人って?
滑舌が良く聞き取りやすい話し方。
体力や自己管理能力も必要です。

特別に美声である必要はありませんが、滑舌が良く、聞き取りやすい話し方ができることは重要なポイント。原稿をきちんと読めるよう、日本語や一般常識について幅広く理解していることも求められます。慌てずに対応できる冷静な判断力や失敗してもめげない芯の強さを持つ人も向いているでしょう。また、出演番組によっては生活が不規則になることもあるため、体力に自信があり、自己管理をしっかりとできることも大切です。

アナウンサーになるには?

アナウンサーの活躍の場は多くがテレビ局やラジオ局。メジャーな放送局は4年制大学卒業を必須条件とするケースがほとんどなので、大学卒業後に就職試験を受けるのが一般的なルートです。在学中にアナウンス技術を学ぶことができる学科やコースもあるため、興味がある方は探してみましょう。アナウンサーの採用試験では「原稿読み」などもあるので、専門的なトレーニングを積んでおくのがオススメです。また、アナウンサーを専門にする大手プロダクションに所属する他、フリーランスとして活動する道もあります。

ワンポイントアドバイス
アナウンサーと
キャスターはどう違うの?

キャスターは一般に難しいニュースに解説を加えたり、コメンテーターの意見を取りまとめて視聴者に伝えたりする「役割」を差します。実は、はっきりとした定義は決まっていません。一方でアナウンサーは専門的な職業。視聴者に聞き取りやすい声で、内容を正確に伝えるのが最大の使命です。キャスターにはアナウンサー以外も起用される場合があり、ジャーナリストやタレントなどがそのポジションについています。