高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

お仕事データ

優れた商品と喜びを提供
デパート販売員
デパート販売員とは
お客様と接する機会が多い、
デパートの「顔」。

衣類や食料品、化粧品にインテリアなどさまざまな商品を販売しているデパート。売場や催事場に立って商品の説明やアイテムをオススメするのがデパート販売員です。在庫管理や備品発注、伝票処理、店舗レイアウトの変更なども担当します。実はデパート販売員にはブランドやメーカーからの派遣スタッフも多く、自社社員の場合は独自のマナーや接客方法などを各テナントに教育することも。いずれもお客様と接する機会が最も多く、デパートの顔と言える存在です。

デパート販売員に向いてる人って?
お客様の笑顔に喜びを感じ、
丁寧で上質な接客ができる人。

デパートの接客対象となる顧客はやや高めの年齢層が多い傾向。言葉遣いや所作などを含め、丁寧で上質な接客スキルが求められます。また、洋服のフロアでいえばお客様の好みやサイズに合わせてより魅力的なコーディネートを提案します。食品フロアでも食器のフロアでも、商品知識だけでなく、最新情報や流行に幅広くアンテナを張る必要があります。そして、何より大切なのはお客様の笑顔に喜びを感じられる人柄です。

デパート販売員になるには?

デパートの販売員として働くために必要な資格は特にありません。ただし、丁寧な言葉遣いや正しい敬語、あいさつなどは身につけておきましょう。大手デパートの場合、社員として入社するには大学卒業を条件にしているところがほとんど。テナント企業では高校卒業後に入社できる会社もあります。また、派遣会社を通じ、中長期のアルバイトとしてデパート販売員になるケースも多いようです。

ワンポイントアドバイス
取得しておいて損はない!
「販売士」の資格。

質の高い販売スキルを持つ人材の証となるのが「販売士(1〜3級)」の資格。接客法をはじめ、マーケティング、商品の仕入れや管理、売り場作りなどのノウハウを学び、リテールマーケティング(販売士)検定に合格することで「小売店舗で活躍できるプロフェッショナル」として認められます。デパート販売員に特に必須とされているわけではありませんが、取得しておいたほうが就職の際に有利と言われています。

※販売士の資格については日本商工会議所の検定試験ホームページでご確認ください。https://www.kentei.ne.jp/

ほかにもあります、こんな仕事。