高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

お仕事データ

美とリラックスを提供
美容師
美容師とは
お客様の「おしゃれ」を
ヘアスタイルで表現。

お客様の髪をスタイリングするのが美容師の仕事。どのようなヘアスタイルにしたいかをカウンセリングした上で、その人に合ったおしゃれを表現するのが腕の見せどころです。希望に合わせてシャンプーやカット、カラーリングなどを施す他、美容室によってはネイルや着付け、ヘッドスパ、まつ毛エクステなどを手がけるケースも。多くの場合、アシスタント、スタイリスト、トップスタイリスト、店長などのランクがあります。

美容師に向いてる人って?
努力を惜しまずに、
人との関わりを楽しめるタイプ。

ヘアスタイルやファッションが好きなことはもちろん、努力を惜しまない気概が大切。最初は器用ではなくても、根気よく練習を重ねることで技術が身につき、スタイリストやトップスタイリストへの道が開けます。また、お客様と長時間にわたって会話することも多いので、「人との関わりを楽しめる」タイプも美容師に向いているようです。

美容師になるためには

厚生労働省が指定する美容学校(昼間部2年、夜間部2年、通信科3年のいずれか)に進学。筆記と実技の国家試験を受け、合格することで美容師免許が交付されます。

必要な資格
 美容師免許(国家資格)

資格取得の方法

 ・美容学校(昼間部/夜間部2年)に通い、国家試験に合格
 ・美容学校(通信科3年)に通い、国家試験に合格

※美容学校の受験資格は多くの場合、高卒者以上を対象にしています。詳しくは各学校のホームページなどをご確認ください。

ワンポイントアドバイス
美容師が活躍するフィールド。

スタイリストとして経験を重ねて自分のお店を開くのは美容師の醍醐味。それ以外にも、資格を生かせる職場としてエステサロンやブライダルサロン、メイクアップアーティストなどのフィールドもあります。ここ最近では高齢化が進んでいることから、介護施設などにお邪魔して施術を提供する「福祉美容師」といったジャンルも注目されています。