高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

  • HOME
  • 薬剤師

お仕事データ

医薬品のスペシャリスト!
薬剤師
薬剤師とは
「医薬分業」によってミスを防ぎながら、
患者様の病気やケガを治す薬を調合!

薬剤師の代表的な仕事は、病院や調剤薬局で医師の処方箋をもとに薬剤を調合し、正しい飲み方をアドバイスすること。アレルギーや過去の処方薬、妊娠の有無など、医師の指示が患者様にとって安全かどうかを確認する「医薬分業」によって医療ミスを防いでいます。また、民間の製薬会社や大学の研究機関で新薬の研究・開発に取り組んだり、厚生労働省で薬剤を認可したり、意外なところでは麻薬取締官も担うなど、活躍の場が幅広いのも特徴。薬剤師は薬にまつわるスペシャリストです。

薬剤師に向いてる人って?
几帳面で責任感のある人。
コミュニケーション能力も必要です。

薬剤師の最も一般的な仕事は薬の調合。医師の処方箋に従って正確な分量で配合しなければならず、一歩間違えると患者様の健康に直結することもあるため、几帳面で責任感のある人が向いているでしょう。当然ながら、薬の効能や調合についての深い知識も必要です。ここ最近は医師や看護師、栄養士とチームを組む「チーム医療」が進む他、患者様に服薬を正しく分かりやすく説明しなければならないため、コミュニケーション能力も求められます。

薬剤師なるためには

薬剤師として働くためには、国家資格が必要。そのためには、大学の薬学部か薬科大学で6年制の薬剤師養成課程を修了しなければなりません。「有機化学」や「生物化学」、「薬剤学」、「疫病学」といった学問から調剤薬局での実習まで、薬学に関する幅広い知識や技術を身に付けた上で、薬剤師国家試験に合格することが求められます。

ワンポイントアドバイス
薬剤師は安定した職業として人気。
今後は高度なスキルの習得がカギ!?

薬剤師は専門性が高い仕事のため収入が安定している職業として知られ、福利厚生も充実している職場が多いのも特徴です。結婚や出産を経ても復職しやすいことから、女性にも人気があります。一方、最近は薬剤師を養成する学校が増え、資格取得者も増加傾向。今後は競争が激しくなる見込みです。他の医療スタッフとともに患者様のもとで服薬指導を行ったり、医師に近い業務をカバーできる力を身に付けたり、より高度なスキルが求められるといわれています。