高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

お仕事データ

お客様と声やメールでやり取り。
コールセンタースタッフ
コールセンタースタッフとは
電話やメールに対応するインバウンドと、
自らアプローチするアウトバウンドに大別。

コールセンタースタッフは主にお客様の電話やメールに対応する仕事。企業によって内容はさまざまですが、電話やメールを受け付ける「インバウンド」と、自らアプローチする「アウトバウンド」に大きく分かれます。インバウンドは製品の使い方をサポートしたり、サービスの料金や利用方法のお問い合わせに答えたり、不特定多数のお客様の課題を解決するのがメイン。アウトバウンドは商品・サービスの紹介やアンケート調査などが多いようです。お客様にとってコールセンタースタッフは会社の代表者となるため、声やメールだけのやり取りでも重要なポジションといえます。

コールセンタースタッフに向いてる人って?
コミュニケーションが好きで、
聞き上手なタイプ。

コールセンタースタッフは電話でお客様と会話をするのが主な業務。そのため、人とコミュニケーションをとることが好きな人には向いている仕事です。また、お客様の困りごとを解決するためには課題をきちんと引き出さなければならないことから、聞き上手な人にも適正があるといえるでしょう。電話やメールの文章だけで相手とやり取りするため、分かりやすく説明できる能力も求められます。

コールセンタースタッフになるためには

コールセンタースタッフになるために必要な資格や学歴はありません。高校や専門学校、短大、大学を卒業後、コールセンター業務を行う会社に就職するのが一般的です。コールセンターの多くはマニュアルや研修がしっかりと整っているため、未経験者でも着実に成長していけます。

ワンポイントアドバイス
スーパーバイザーやマネージャーなど、
ステップアップも見据えられる仕事。

コールセンタースタッフとして経験を積むことで、スーパーバイザーをはじめとする管理職にステップアップすることも可能。スーパーバイザーは電話応対業務のサポートをする他、業務マニュアルの作成や新人の教育研修など幅広い仕事を担える役割です。さらに、その先にはコールセンターの管理者であるマネージャーといった上位の役職を置く企業も数多くあります。

この仕事の求人例