高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

  • HOME
  • 調理スタッフ

お仕事データ

「おいしい」をつくる仕事!
調理スタッフ
調理スタッフとは
キッチンの業務全般を担い、
お客様においしい料理を提供。

レストランや居酒屋、カフェなどの飲食店で料理をつくるのが調理スタッフ。キッチンの清掃や調理器具の手入れに始まり、料理の下ごしらえや味付け、調理、盛り付けといった仕事をトータルに担います。店舗の規模によっては「洗い場」「揚げ場」「焼き場」「板場(刺し身などの包丁仕事)」のように役割が分かれていることも。お客様からのオーダーを効率よくさばき、おいしい料理を提供するのが調理スタッフの大きな役割です。

調理スタッフに向いてる人って?
「食」に常にアンテナを張り、
効率性も考えて作業を進められる人。

調理スタッフに向いているのは、何といっても「食」が好きな人。料理をつくるだけでなく、食べ歩きなどによって「おいしさ」に常にアンテナを張ることで向上心につながります。また、調理スタッフはランチタイムやディナータイムといった忙しい時でも、お客様にスピーディに料理を提供しなければなりません。そのため、チームワークを大切に、効率よく作業を進める力も必要です。

調理スタッフになるためには

調理スタッフになるために必ずしも必要な資格はありません。高校卒業後、飲食店に勤務してスキルアップする人も数多くいます。また、調理専門学校で調理の基礎や調理師の資格を取得したり、栄養士養成施設として指定認可された学校で栄養士の資格を取ったり、食に関連する学校に進んだ後に就職するコースを選ぶ人も少なくありません。

ワンポイントアドバイス
調理スタッフのニーズは高く、
活躍の場も多種多彩。

外食産業が発展した今の日本では、調理スタッフのニーズがなくなることはないといわれています。職場に関してもレストランや居酒屋だけでなく、学校や病院の給食づくり、アミューズメント施設の調理場、企業内の社員食堂など多種多様です。これまでは長時間労働が課題とされてきましたが、ここ最近では大手企業の飲食チェーンを筆頭に、交替制によって労働時間の短縮をするなど働き方の改善も進んでいます。