高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

お仕事データ

イベントの企画から運営までを統括!
イベントプロデューサー
イベントプロデューサーとは
企画立案や各種手配、予算管理、
PRなどすべてを担う指揮官。

コンサートや展示会、コンテスト、フェスティバルといったさまざまなイベントの企画から制作、運営までを統括するのがイベントプロデューサー。多くの場合、クライアントの意向をヒアリングした上で、まずは企画立案から全体の方向性を決定。さらに、会場の手配や設営、スポンサー集め、スタッフの手配、出演者への交渉、マスコミへのPR、予算管理を行いながら、イベントに関わるすべての指揮を担います。

イベントプロデューサーに向いてる人って?
リーダーシップを持ちながら、
チームワークも重視できるタイプ。

イベントプロデューサーは多くのスタッフや各協力業者の指揮をとるため、リーダーシップが求められます。一方、全員が気持ち良くスムーズに働けるように仕事を進めなければならないことから、チームワークを重視して目標に向かうことが好きなタイプにも適性があるでしょう。また、企画力や判断力、交渉力も必要。何より、人に楽しんでもらうことが好きな人に向いているでしょう。

イベントプロデューサーになるためには

イベントプロデューサーになるための特別な資格はありません。大学・短大、放送・イベント系の専門学校を卒業後、広告代理店やイベント制作会社に勤務するのが一般的。広報や予算管理も重要な業務になるので、マーケティングやコンサルティングの知識も学んでおくと役立つでしょう。就職後はアシスタントとして実務経験を積み、イベントプロデューサーへとステップアップしていくケースが多いようです。

ワンポイントアドバイス
企業や自治体のイベントなど、
活躍の場が広がっています。

日本経済が低迷した時期はイベントも縮小傾向にありました。最近はインターネットの普及が進む一方、「リアル」な場を求める人に対し、一般企業や自治体がイベントを開催するケースが増えてきています。例えば、地域活性化を目的とした自治体のフェスティバルが開催されたり、晩婚化の影響からお見合いイベントなどのニーズが高まっていたり、イベントプロデューサーの手腕が発揮される場がたくさんあるようです。そのため、就職やキャリアアップのチャンスも広がっています。