• ホーム
  • 受付

お仕事データ

企業や各種施設の「顔」。
受付
受付とは
来客や代表電話などを、
「おもてなし」&「取り次ぎ」。

企業やショールーム、フィットネスクラブといった各種施設でお客様をもてなし、要件に沿ったご案内をするのが受付の仕事。勤務先によって業務内容は異なりますが、来客対応の他、訪問者の情報登録・管理や代表電話の取り次ぎ、会議室の予約、さらに備品管理といった庶務を担うこともあります。受付は来訪者にとって最初に接する人となるため、正しい言葉遣いやビジネスマナーなどのヒューマンスキルが求められます。いわば企業や各種施設を代表する「顔」なのです。

受付に向いてる人って?
礼儀正しく人付き合いが好きで、
物事を迅速に進められるタイプ。

受付は組織を代表する顔となるため、言葉遣いや身だしなみなど正しい礼儀作法が求められます。時には多くの人と接することになるため、人付き合いが好きなタイプにも向いているでしょう。また、来客者を待たせてしまっては不快な思いをさせてしまうことから、担当者に迅速に取り次ぐなど、スピーディーに物事を進めるのが得意な人にも素養があります。

受付になるためには

受付になるために必要な資格や学歴は特にありません。高校や専門学校、短大、大学を卒業後、受付を募集する企業や団体に就職するのが一般的な道のりです。ただし、新卒採用の場合は最初から受付を募集するケースは少ない傾向。総務部や管理部に所属した後、適正や希望を見極めて受付に配置されることが多いようです。

ワンポイントアドバイス
ビジネスマナーやホスピタリティを
「秘書」に生かす道のりも!

受付として経験を積んでいくうちに、高いコミュニケーション能力や相手が求めていることを先回りして読み解く力も身に付いていきます。こうしたビジネスマナーやホスピタリティを生かすために秘書検定といった資格を身に付けた上で、秘書へステップアップするという道のりもあるでしょう。また、今後は海外からの来客も視野に入れ、英会話を学んでおくのも有効です。