高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

  • HOME
  • 動物看護師

お仕事データ

獣医師をサポート!
動物看護師
動物看護師とは
獣医師の診察や治療を補助し、
飼い主との架け橋役も!

動物看護師は、獣医師の指示・管理のもとで診察や治療、手術の補助にあたるのが大きな役割です。医療器具の準備や後片付け、検査、調剤などでもスムーズなケアをサポート。その他、受付や事務作業、動物の体を清潔に保つためのグルーミング(お手入れ)、入院中の動物のお世話など幅広い業務を担います。動物の病状について説明したり、健康や栄養面のアドバイスを送ったり、獣医師と飼い主をつなぐ架け橋になるのも大切な仕事です。

動物看護師に向いてる人って?
大好きな動物の命を預かる責任感を持ち、
対人のコミュニケーション能力も必要。

動物看護師には「動物が好き」という気持ちが大切な一方、時には病気で苦しんだり、死を目の当たりにしたりすることもあるため、命を預かる大きな責任感も必要です。獣医師の診療サポートの他、受付や清掃、入院中の動物の散歩など多種多様な業務を担うため、イメージする以上に体力も求められるでしょう。獣医師やスタッフと協力して仕事を進めるだけでなく、飼い主に治療方針や薬について説明することも多いことから、対人のコミュニケーション能力も重要です。

動物看護師になるためには

動物看護師になるために必ずしも必要な資格はありません。ただし、多くの場合、動物看護系の学科やコースを置く専門学校・短大・大学に通い、統一資格「認定動物看護師(動物看護師統一認定機構)」を取得後に動物病院やグルーミングサロン、動物園などに就職するのが一般的のようです。これまで動物看護師は民間資格しかありませんでしたが、今後は国家資格とする活動も進んでいます。

ワンポイントアドバイス
人と動物の関わりが深くなり、
動物看護師の仕事もより重要に。

ペットの代表格ともいえる犬と猫だけでも、日本で飼われている数は1800万頭を超えるといわれています。「ペットは家族の一員」という考え方はすっかり定着し、今後も人と動物の関わりはより深くなっていく見通しです。獣医師や動物看護師はさらに重要な仕事になっていくとともに、定期健康診断やダイエット指導、リハビリといった多種多彩なニーズも高まっていくはずです。動物の生活習慣や栄養、衛生管理など、健康を守るための専門的な知識を持つ動物看護師の活躍の場はますます広がっていくでしょう。