高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

  • HOME
  • 音楽講師

お仕事データ

楽器の演奏や歌唱を指導。
音楽講師
音楽講師とは
演奏や歌唱の方法だけでなく、
音楽の素晴らしさも教える仕事。

ピアノや弦楽器、エレキギターやボーカルまで、楽器の演奏や歌唱などを教えるのが音楽講師。楽器店やメーカーが主催する教室に所属して指導するケースと、自営業として自宅や事務所に教室を開く場合があります。生徒の年齢や目的によって教える内容は異なり、例えば幼児には音色と踊りを組み合わせて楽しんでもらうなど、ニーズに合わせた授業を展開。豊かな感性や才能を伸ばし、音楽を奏でる素晴らしさを伝えることも大切な仕事です。また、自身が教えた生徒がコンクールでの入賞や音楽大学への合格といった成長を感じる出来事からも、大きな喜びを得ることができるでしょう。

音楽講師に向いてる人って?
優しく、楽しく、
粘り強く教えられる人。

楽器演奏のスキルや音楽の専門知識があることはもちろん、面倒見が良い人柄であることも必要です。生徒を思う優しさや、音楽を楽しく伝えることに加えて、時には粘り強く教える忍耐強さのある人が向いているでしょう。学生時代に部活やサークルで後輩へ指導した経験や、リーダーを務めたことがある人は素質があると言えそうです。

音楽講師になるためには

音楽講師になるために特別な資格は必要ありません。ただし、音楽教室や指導する楽器の種類によっては音楽大学を卒業していることや、演奏会での入賞歴が必要になることもあります。バイオリンやフルートなど、主にオーケストラで使用される楽器はその傾向が強いようです。一方でエレキギターなどの楽器やボーカルといった分野では、自らの実力や知識次第で講師になることができます。また、個人で教室を開くには経営的な能力も必要です。

ワンポイントアドバイス
自分の音楽活動を続けながら
指導者として成長する道も!

音楽講師は能力次第で、生涯にわたり音楽を仕事にすることができる数少ない職業です。音楽や自身の楽器が大好きであることは働く上で必ず役に立つでしょう。最近ではオンラインでの指導や、音楽教室からの業務委託という形で、予約がある時のみ教えるという働き方も増えています。空いた時間で自身の音楽活動を続けながら情熱を持って働くことで、ミュージシャンとしても指導者としても成長することができるでしょう。

ほかにもあります、こんな仕事。