高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

お仕事データ

写真を通じて被写体の魅力を表現
カメラマン
カメラマンとは
光の当て方や構図を考え、
目的に合った写真を撮影!

広告や雑誌、芸能、スポーツ、芸術展示、インターネットなど、さまざまな分野の写真を撮影するのがカメラマン。被写体も人物や動物、料理に風景と実に多種多彩です。もちろん、ただシャッターを切れば良いというわけではなく、撮影する写真がどこで、何を目的に使われるのかを考え、光の当て方や構図を決めなければなりません。カメラマンは新聞社や出版社、デザイン会社に所属する他、フリーランスで活躍する人も。広告・出版系や報道系、スポーツ系、自然・動物系、ブライダル系といったように得意分野を持つケースが一般的です。

カメラマンに向いてる人って?
明るく元気に現場を引っぱり、
臨機応変に対応できる人。

写真が好きなこと、クライアントから求められる撮影スキルを持っていることは大前提。カメラマンはスタジオでもロケ(屋外)でも、多くのスタッフと一緒に撮影を進めます。とりわけモデルやタレントといった人物を撮影する際は、ベストな表情を引き出すのも大切な仕事。そのため、明るく元気にコミュニケーションがとれる人は向いています。また、撮影現場ではカメラマンが指示を出すことも多く、リーダーシップを持って臨機応変に対応する力も求められます。

カメラマンになるためには

カメラマンになるために必要な学歴や資格はありません。美術系の大学や短大、専門学校の写真学科などで、カメラの基本的な知識や技術を身につけ、写真スタジオでアシスタント業務からスタートするルートが一般的です。これらの学校に通うメリットは、先輩や業界関係者とのつながりを作れること。将来、カメラマンとして働くための大切なコネクションが生まれます。とはいえ、独学で技術を身につけ、フリーランスとして活躍する人も少なくありません。

ワンポイントアドバイス
写真は私たちにとってより身近に。
SNSを営業ツールに使うのもアリ!

広告や雑誌、ニュースなどで写真は大きな役割を持っています。今後は紙からウェブサイトへの比重が大きくなっていくと予想されますが、撮影する仕事がなくなるということは考えにくいでしょう。さらに、スマートフォンの登場によって「撮影」が身近になり、写真への関心は高まっています。SNSなどの普及により写真を多くの人に見てもらう機会も増えていることから、営業ツールとして上手に使いこなせば、自分を売り込むチャンスも広がるはずです。