高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

お仕事データ

専門知識を生かした深い授業を。
高校教諭
高校教諭とは
専門性の高い担当教科を指導。
生徒の進路意識や目的意識も高める仕事。

公立・私立の高校で、自分の持っている免許状の担当教科を教えるのが高校教諭。教科は大きく分けると、国語、数学、地歴、公民、理科、外国語などの普通教科と、工業、商業などの専門教科。中学校と比べ専門性がはるかに高いことから、教師も専門知識を磨き、しっかりと授業を組み立てなければなりません。さらに、ホームルームや生活・進路指導も行うなど幅広い役割を担います。また、生徒一人ひとりの適性を踏まえ、進路意識や目的意識を高めるアドバイスを送ることも大切です。

高校教諭に向いてる人って?
生徒一人ひとりを思いやり、
親身になって相談にのれる人。

高校教師は、教科について生徒から高度な質問を受けることも多いため、日ごろから新しい情報や知識を吸収し、指導力を磨く姿勢を持てる人が向いているでしょう。また、多感な時期の高校生と接することから、精神的にもタフでなければなりません。何より生徒の未来を預かる立場として、一人ひとりを思いやり、努力を惜しまずに親身になって悩みや課題を解決に導く熱意が必要です。

高校教諭になるためには

高校教諭になるには教職課程のある大学・大学院に進み、教員免許を取る必要があります。高校教諭普通免許状は、大学で取得できる1種免許状、大学院で取得できる専修免許状の2種類。公立高校の教諭を選ぶ場合は、都道府県や政令指定都市が実施する教員採用候補者選考試験に合格し、面接試験などを経て高校に配属。私立の場合は、各校で独自に行う教員採用試験に合格すると働くことができます。


※教員免許状の取得については、詳しくは文部科学省のホームページをご確認ください。http://www.mext.go.jp/

ワンポイントアドバイス
高校教諭のステップアップ。

新任の高校教諭がまず目指すのは、教科・進路・生活指導やクラス運営などの基本業務が一通りできるようになること。経験を積んだ後、学年主任や生活指導主任など、同僚の教師もまとめながら教育の道筋を立てる役割を任されるようになります。さらに努力が認められると、学校全体の教育目標を立てたり、行事の指示を出したりする、教頭や校長などの管理職へとステップアップできます。