高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

お仕事データ

新たな技術やサービスを!
研究開発職
研究開発職とは
研究の成果を
製品開発に結びつける仕事!

新たな技術を生み出したり、既存のサービスを改良したりするための研究を行い、その成果を製品開発へ結びつけていくのが研究開発職。食品や医療、自動車、ITサービスなど活躍のフィールドは多彩で、本格的な実験室で長期にわたって研究することもあれば、比較的早く結果が求められるケースもあり仕事内容はさまざまです。企業の研究開発はチームで進めることが多く、情報交換や方向性を検討しながら製品を生み出します。

研究開発職に向いてる人って?
ひらめきと持続力を
兼ね備えている人!

研究開発は明確なテーマを据えて行われることが多く、長期にわたる研究・技術の向上も必要とされます。一つのことに粘り強く取り組む力があり、長い目で自分の仕事を見つめる視点も大切。今ある技術や製品に、何を加えれば新しい価値を生み出せるかという「イノベーション」を起こしたいと思う人にも適性があります。ひらめきと持続力を兼ね備えている人が研究開発職に向いているはずです。

研究開発職になるためには

研究開発職は取り組むジャンルによって求められる学歴や資格が異なります。一般的には理系の知識が必要とされるため、大学の理学部や農学部、薬学部、獣医学部、工学部といった理系学部の出身者が多いといわれています。ただし、自分が研究開発職として携わりたいフィールドによって求められるスキルは異なりますので、まずはどんな知識や技術を身につけておくべきか詳しく調べてみましょう。

ワンポイントアドバイス
人をまとめる立場を目指す?
好きな研究開発をずっと続ける?

研究開発職のキャリアを長く積むことで、多くの人は部下をまとめてプロジェクトの方向性を決める立場になっていきます。プロジェクトを管理したり、時には予算や経営計画を組み立てたり、企業の深くまで関わるポジジョンにステップアップするケースが多いようです。一方、最近では管理職や経営幹部を望まない研究開発職に対し、技術部門であり続けるというキャリアプランを用意している企業も増えています。あなたなら、どちらの道を選びますか?

ほかにもあります、こんな仕事。