高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

  • HOME
  • 山谷 正人さん

山谷 正人さん
インタビュー公開日:2017.11.15

「カッコイイ!」
父の後ろ姿を見てまっすぐこの道へ。
一般的な大工さんのイメージとは少し違う、ジーンズ姿のカジュアルな服装で登場してくれたのは、大工さんの親方『棟梁(とうりょう)』をつとめる山谷正人さん。
お父さんも同職である山谷さんがこの道に進んだのは自然な流れでした。
「単純に、カッコイイなって思ってました。高いところで作業をする姿が特に」
そんなお父さんは、山谷さんが大工になることに初めは反対していたとか。
「大変だぞ、やめとけって言われましたね。でもいざ決めてからは、ノミやノコなど、手道具を色々とプレゼントしてくれたんです。自分の現場をこっそり見に来てたこともあるらしいです(笑)」
使う道具はすべて自分でそろえるのがこの業界の通例ですが、山谷さんの使っている道具の多くは、お父さんから譲ってもらったものだそう。
言葉の意味すらわからない、
ひたすら経験を積む下積み時代。
大工の仕事は小方(こかた)から。現場での責任者である親方(棟梁)についてまわり、指示を受けて作業をするのが、小方の役割です。
「もちろん最初は大工仕事など、やらせてもらえませんでした。材料運びとか、掃除がメインでした」
一年目は言葉の意味を覚えるのも大変だったとのこと。
「例えば『しゃくる』は大工用語では溝をつくるということ。材料もそれぞれ独特な名称がついていて、○○持ってきて! と言われてもそれがわからない…そんなことばかりでした」
やらせてもらえることが少しずつ増え、三年目くらいが誰しも調子に乗る時だと山谷さんは笑います。できると思っていても、いざ現場に一人で入ると何もできない。そうやって挫折も経験しながら、一人前になっていきます。
成長を感じた瞬間は、
ベテラン大工さんと対等に話せた時。
あらかじめ工場で加工された部材が現場に届くプレカット製法とは違い、山谷さんの務める武部建設では現場での仕事に徹底的にこだわっています。例えば墨付け(木材を切る為の印をつける)や木材のカットも、大工が現場で取り組んでいます。時には自社で所有する山林から、柱に使う木を切ってくることも。こうした経験を積むことで職人としての技術は向上しますが、失敗も経験します。
墨付けしていざ建ててみるとハリが短かった…なんてこともあったと苦笑いする山谷さん。
「とにかくいっぱい失敗しました。でもそういう経験の蓄積が大事。同じ失敗は二度としないですから」
初めて棟梁を任されたのは、大工仕事に就いてから五年目、23歳のころ。
「少しずつ、ベテラン大工さんと同じレベルで話ができることが増えていきました。向こうから聞いてくれた時には、認めてもらえた気がして嬉しかったですね」
冬の作業は指先がしばれる!?
自分らしく働けるのがこの仕事の醍醐味。
北海道の住宅は寒さに強いのが特徴。断熱材の量が多いだけではなく、気密性を高めるための部材の処理の仕方などにも、現場での技術が求められます。また、冬の作業の厳しさは北海道ならでは。
「冬も作業内容は変わりありません。あまり分厚い手袋だと細かい作業ができないので、少し暖かい軍手をする程度。暖房で暖まりながら作業をしますが、指がもげそうになったこともありましたね(笑)」
下積み時代といい、大変なイメージが大きいこの仕事ですが、どんなところが魅力?
「建物に対して、設計・工期の範囲内で自分らしく作業ができることですね。思い通りに建設が進むと、本当に楽しいなって思います」
木目の使い方など細かい部分に大工それぞれの施工センスが現れ、関係者の間では「山谷くんっぽいね」と言われるような部分もあるのだとか。
向き不向きはない。
楽しむことが大切!
「例え大工仕事が人より抜きん出ていなくても、スタッフを使うのが上手だったり、部下に親しまれる人柄があったりすれば、親方(棟梁)になれます。必要なのはやる気だけ。どんな人が向いているとかはないですね」
かつては、見て覚え、失敗して経験を積むのが当たり前の世界だった大工のお仕事。時代は変わり、最近では新人の育成も、しっかり指導をする方向に変わってきているといいます。
まるで工作を楽しむ少年のように、木材を刻み、手際よく部材をつなぎ合わせる山谷さん。
「楽しいですか?」と聞いてみると、「楽しいです!」と即答してくれました。
シゴトのフカボリ
みなさんへ伝えたいこと

深く考えず、楽しく仕事をすることが一番です! 失敗してもすぐ切り替える! とにかく楽しむことです。

シゴトのフカボリ
拝見!オシゴトの道具
「組ノミ 10本」
木材を削ったり穴をあけたりするのに使うノミ。大工はみんなそれぞれ自分の手道具を自分で選んで買ったり、もらったりして、使っています。この中には父からプレゼントされたものもあります。
インターンシップ 職業講話

武部建設株式会社

木のぬくもりを大切にした、注文住宅や古民家再生を手掛ける。素材を生かす墨付け・手刻みにこだわった住宅は、高気密高断熱にも定評あり。「大工ネットワーク北海道」を設立するなど、大工さんの育成にも力を入れている。

住所
北海道岩見沢市5条東18丁目31
TEL
0126-22-2202
URL
http://www.tkb2000.co.jp/

お仕事データ

二次元から三次元へ
大工
大工とは
現場監督にも頼られる、
家づくりの中心的なポジション。

一般的に工務店や建築会社に所属し、主に木造建築物の新築や増築、リフォームなどを行う職人。設計図にしたがって建物の骨組みを作り上げる他、外壁や屋根、床、壁、天井といった部分の下地を手がけます。基礎や屋根・外壁・内装の仕上げ以外はすべての工程に携わることから、現場監督にも頼られることも多い重要なポジションです。左官業者や電気・水道・ガス工事担当者などとコミュニケーションを取りながら、建物を完成に導きます。大工は家づくりの中心人物であり、プロフェッショナルといえます。

大工に向いてる人って?
体力や器用さに加え、
ニーズを形にする提案力も大切。

建築材料を運んだり、カンナやノコギリを駆使して加工したり、ある程度の体力や器用さは必要。ただし、力仕事だけではなく、平面の図面を頭の中で立体的に置き換えることや材料の効率的な使い方などを考えるシーンも多くあります。他の職人と一緒に仕事をするため、協調性や人を引っ張るリーダーシップも大切。最近はバリアフリーやアレルギー対策など、住宅に求める機能が増えているため、お客様のさまざまなニーズを形にする提案力も重要になっています。

大工にななるためには

大工になるには学歴も資格も不要です。一般的には大工職人を抱える工務店や建築会社で見習いとして働き、下積みを経験した後に一人前として認められるケースが多いでしょう。建築系の大学や短大、専門学校などには大工になるための技術や知識を学べる学科が設置されているところもあり、現場で役立つスキルを習得できます。取得が必須ではありませんが、「大工としての技能・技術」を示す国家資格として「建築大工技能士(1~3級)」もあります。

※「建築大工技能士」については「北海道職業能力開発協会」のホームページをご覧ください。http://www.h-syokunou.or.jp/index.html

ワンポイントアドバイス
最近流行の
「プレカット工法」とは?

かつては現場の大工が実際の建物の寸法に合うように、木材に墨付け(カットする部分の印付け)をして、手で木材を加工していました。ところが、ここ最近はプレカット工場に設置された自動工作機械で必要な長さに切断するだけでなく、継手(木材をつなぐ部分)や仕口(2つの木材を接合する方法)の加工まで施すことが増えています。このプレカット工法によって、大幅な工期短縮やコストダウンができるようになりました。