高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

お仕事データ

空間をお花で華やかに!
フラワーコーディネーター
フラワーコーディネーターとは
お客様の希望に合った
花束やブーケ、コサージュを製作!

ホテルや結婚式場、レストラン、イベント会場など、さまざまな場所に花を飾り、空間を演出するのがフラワーコーディネーター。まずはお客様から予算や希望をお聞きして、どんな装花にするのか打ち合わせするのが仕事のスタート地点です。色合いや花言葉、季節といった特色を綿密に話し合い、実際の製作に入ります。例えば花束は花びらの状態やつぼみの大きさを確認しながら、カットを施して見た目を美しくアレンジ。他にも、ブライダルブーケやコサージュ、カゴ花を作ることもあります。

フラワーコーディネーターに向いてる人って?
植物に対して深い愛情を抱き、
お客様の思いをヒアリングできる人。

フラワーコーディネーターは花の扱い方、長持ちさせる方法、四季の花のサイクル、花の値段、仕入れなど、花に関する豊富な知識が必要。植物のことを常に勉強し、深い愛情を抱ける人が向いているでしょう。また、花束を作るには優れた色彩感覚も欠かせません。お客様から花を飾る空間に対する思いをヒアリングし、イメージを共有するといったコミュニケーション能力も求められる仕事です。

フラワーコーディネーターになるためには

フラワーコーディネーターには特別な学歴や資格は求められません。とはいえ、独学で花の知識や色彩のセンスを深めるのは難しいことから、「フラワーデザイン科」「園芸デザイン科」「フラワーコーディネート科」など、植物に関する専門のコースを置く専門学校に通うのが一般的です。卒業後はフラワーショップや園芸ショップ、結婚式場などに就職し、アシスタントを経てフラワーコーディネーターへとステップアップしていきます。

ワンポイントアドバイス
花束やブーケに加え、
プリザーブドフラワーも人気。

最近は花束やブーケを気軽に楽しめるフラワーアレンジメントが浸透し、フラワーコーディネーターの認知度も徐々に高まっています。かつては企業が依頼するケースが大半でしたが、個人のお客様にまでニーズが広がっているようです。また、花束を長期保存できる「プリザーブドフラワー」の人気も高まり、フラワーコーディネーターの活躍の場は広がっています。