高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

お仕事データ

ペット犬をしつけるプロ!
ドッグトレーナー
ドッグトレーナーとは
しつけや問題行動の解消によって、
犬と人とが快適に暮らせる橋渡し役。

家庭でペットとして飼われている犬をしつけるのがドッグトレーナーの仕事。基本的なマナーやルールをトレーニングし、無駄吠えや噛みつき、トイレを覚えないなどの問題行動を解消します。犬ごとの性格や飼い主との関係、過去の育て方をしっかりとヒアリングした上で、一頭一頭の個性や生活環境に合わせたしつけを行うことも重要な役割です。また、飼い主に対しても効果的なしつけ方法をアドバイスしたり、犬への接し方を伝えたりするなどのコミュニケーションが必要。犬と人とが心地よく暮らしていくための橋渡し役を担うのがドッグトレーナーです。

ドッグトレーナーに向いてる人って?
根気強く犬と向き合え、
人とのコミュニケーションも必要。

ドッグトレーナーは、犬とふれ合う時間が大半を占める仕事。犬が好きな人に向いていますが、多彩な犬種に平等に愛情を注げなければいけません。時にしつけが上手く進まないこともあるため、犬の学習論理といった行動パターンを理解しながら、根気強く関わることも必要。また、飼い主の悩みをヒアリングする「カウンセラー」としての役割も担い、的確なアドバイスを送るなど、人とのコミュニケーション能力も重要です。

ドッグトレーナーになるためには

ドッグトレーナーとして仕事をする上で必須となる資格はありません。多くの場合、高校卒業後に大学や専門学校、スクールに進み、犬の知識やトレーニングスキルを身に付けます。ただし、まったくの未経験からアルバイトを始め、実践を通じてドッグトレーナーになるケースも少なくないようです。「日本ドッグトレーナー協会」が認定する「ドッグトレーナーラインセンス」、「日本ペットドッグトレーナーズ協会」が認定するドッグトレーナー資格「CPDT」、「日本愛玩動物協会」が認定する「愛玩動物飼養管理士」といった民間資格を取得するのも就職の際に有利です。

ワンポイントアドバイス
職場の選択肢が広がっている仕事。
訪問型のサービスもニーズが上昇中。

ドッグトレーナーは、犬のしつけ教室やしつけサービスを提供するペットショップ、トリミングサロン、動物病院、さらにペット関係の企業などさまざまな場所で活躍しています。最近は、広いスペースを独自に持つ必要がないことから、訪問型のサービスも増えているようです。フリーランスのドッグトレーナーがお客様からの依頼を受けるケースもあるので、活躍の場の選択肢は広がりつつあるといえるでしょう。