お仕事データ

今後、注目のデジタル人材!
ICT職
ICT職とは
ITスキルを使って、
さまざまな課題を解決する仕事。

ICTとは「Information and Communication Technology」の略称で、日本語では「情報通信技術」。インターネットなどを経由して人と人とをつなぐのが主な役割です。ICT職は、IT機器の設定や問い合わせ対応などのヘルプデスク、運用保守といった仕事に加え、IT技術を使った分析結果から課題解決の提案をしたり、自社の生産性を向上させるためにシステムによる支援を行ったり、幅広く活躍する新しい職種。最近では自治体や運輸企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)を進めるために積極的に人材を採用する他、建設業界ではITとコミュニケーションのスキルによって、オフィスから現場支援を行う「建設ディレクター」というICT職も登場。今後、ますます注目を集めるはずです。

ICT職に向いてる人って?
IT技術を日々学び、
課題解決に結びつけるアイデアマン。

CT職はITスキルを使って、さまざまな課題を解決するため、日々進化するテクノロジーをキャッチしながら新たな技術を常に学ぶ姿勢が必要です。また、自らが直接システムを作らずとも、IT技術を活用して業務の効率化や働き方の改善などをサポートするケースも多いため、アイデアマンにも向いているでしょう。バックオフィスで現場を支援することもあるので、コミュニケーション能力も大切です。

ICT職になるためには

ICT職は最近の仕事のため、必要とされる資格や学歴には決まりがありません。高校や専門学校、短大、大学を卒業後、ICT職を募集する企業や自治体などに就職するのが一般的です。ただし、基本的なIT技術については学んでおいたほうが有利に働くでしょう。課題解決のためのヒアリングや分析スキルも求められるため、経営やマーケティングを勉強しておくのもオススメです。

ワンポイントアドバイス
今後、ますます広がる
「DX化」に向けてニーズが急上昇!

ICT職はITスキルを活用し、顧客や自社の課題を解決する仕事。最近ではデジタル技術を活用してビジネスモデルや働き方を変革させることで、ライバル企業よりも優位に立つための「DX」が大注目されています。ICT職は、この「DX」を担う人材としても活躍できる可能性が高い職種です。今後、企業ではますますDXを取り入れていく見込みのため、ニーズが急上昇するといえるでしょう。