高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

  • HOME
  • ウェディングプランナー

お仕事データ

最良の一日を形にする
ウェディングプランナー
ウェディングプランナーとは
新郎新婦の幸せのために、
結婚式をプロデュース。

カップルの結婚式をプロデュースするのがウェディングプランナー。仕事は大きく3つに分かれ、まずは結婚式場の見学に訪れるカップルに会場の魅力を伝えて選んでもらう「新規接客業務」が一つです。その後はお客様のご要望を聞きながら、日程や予算、式の雰囲気や衣裳などを詰めていく「打ち合わせ業務」を何度も重ねます。最後は「当日の運営」。手配している備品や会場レイアウトなどが事前の打ち合わせ通りか確認しながら、式の進行をチェックして各スタッフを動かしていきます。ウェディングプランナーは「新郎新婦を幸せにする」という魅力にあふれた人気が高い職業です。

ウェディングプランナーに向いてる人って?
人を喜ばせ、誰かの幸せを
手伝いたいという献身的なタイプ。

「誰かの幸せをお手伝いしたい」という献身的なタイプや、友人の誕生日や学校祭などで人を喜ばせるような演出が好きな人は向いています。また、カップルのご希望や予算を聞いた上で、その願いを具体的な形にするというプランを組み立てる想像力も必要です。事前の綿密な打ち合わせからスケジュール管理まで、注意深く、几帳面に物事を進められる力も求められます。

ウェディングプランナーになるには

ウェディングプランナーは学歴や資格を問われることがあまりなく、未経験からでもホテルや結婚式場で働いている人は少なくありません。とはいえ、大学や専門学校、スクールでブライダルの専門知識を勉強した人は就職の際に有利なケースが多いようです。国家資格ではありませんが、ブライダル関係団体による民間資格もあるため、それらを取得することで仕事に生かすこともできます。

ワンポイントアドバイス
ウェディングスタイルは進化中!

ここ最近は、カップルの結婚式に対するこだわりが強まっている傾向があります。例えばプロジェクションマッピングを使って会場を彩ったり、新郎新婦から受取ったキャンドルの火をお隣のゲストにリレーしていく「キャンドルリレー」を行ったり。流行は「ゲストをもてなす」から「ゲストも一緒に楽しめる」スタイルに変わり、全員参加型の企画も増えています。また、海外で結婚式を挙げるカップルが増加していますので、国外でウェディングプランナーとして働くことも夢ではありません。