高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

お仕事データ

身体の機能回復を追求
理学療法士
理学療法士とは
身体の基本動作を
回復させる専門家!

医学的なリハビリテーションの専門職の一つで、Physical Therapist(フィジカルセラピスト)を略して「PT」とも呼ばれます。病気や事故で身体に障がい・不自由を抱える人、高齢により身体機能の衰えた人などに対し、医師の指示のもとリハビリを提供。「歩く」「座る」「立つ」といった基本的な動作の機能回復を中心に、悪化の予防などで日々の生活を支援するのが仕事です。一人ひとりに合ったリハビリ計画を考え、「運動療法」や「物理療法」といわれる手法を取り入れながら、身体の機能を効果的に回復・維持することを目指します。

理学療法士に向いてる人って?
人のために働きたいという姿勢。

人と話すことが好き、患者さんの身体を少しでも良い方向に導きたいと思える姿勢が大切です。会話やリハビリのなかで身体の変化や異常にすぐ気がつき、一人ひとりに柔軟な治療法を提案できる細やかさも必要。患者さんの介助を行うには意外と体力も使うので、体を動かすことが苦ではないこともポイントです。

理学療法士になるには

高校卒業後、文部科学大臣または厚生労働大臣指定の大学、短大、専門学校で3年以上学び、所定の課程を修了した上で「理学療法士」の国家資格を取得しなければなりません。これらの学校では、解剖学や生理学、運動学、リハビリテーション医学などを講義と実習によって学びます。

※詳しくは公益社団法人日本理学療法士協会のホームページをご確認ください。http://www.japanpt.or.jp/

ワンポイントアドバイス
活躍の場は医療から福祉、スポーツまで多彩。

高齢化社会が進んでいることからも、理学療法士のニーズは増加中。就業場所も従来の病院やリハビリテーションセンターのほか、通所リハビリテーションや訪問リハビリテーション、障がい者福祉センターといった福祉施設などさまざまです。また、専門性を生かし、プロスポーツのチームに属している理学療法士もいます。