高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

お仕事データ

要望に添ってご葬儀をサポート。
セレモニープランナー
セレモニープランナーとは
故人様を無事にお見送りできるよう、
葬儀全般をコーディネート。

セレモニープランナーはご葬儀全般のプランを組み立て、式場の準備や弔いの儀礼を支えるのが主な仕事。(故人様のご遺族や病院、警察からの訃報を受け、まずは故人様の安置や納棺の儀式を行います。その後は喪主と打ち合わせた上で、要望に添って祭壇の設営や火葬場・車両・料理・返礼品の手配、お通夜とご葬儀の司会進行、弔問客の誘導などをサポート。ご臨終直後から喪の儀礼をコーディネートし、故人様を無事にお見送りできるようにお手伝いします。

セレモニープランナーに向いてる人って?
細やかな心遣いができ、
冷静な判断力とチームワークに長けた人。

ご遺族は悲しみや動揺に包まれているため、細やかな心遣いと思いやりを持ちながらも、冷静に対応できる人が向いているでしょう。病院や火葬場との連携が必要とされることから、調整力やスケジュール管理なども重要なスキルです。進行役や会場準備係、司会とチームワークを密にとれるコミュニケーション能力も求められます。

セレモニープランナーになるためには

セレモニープランナーになるために特別な資格や学歴は必要ありません。ただし、葬祭業界を目指すための専門学校(学科)もあるため、就業前に宗教の知識や実習経験を積んでおくのもおすすめですが、未経験でも大丈夫。ご遺族の自宅への訪問や斎場への送迎といった業務もあることから、普通自動車免許の取得が必要です。

ワンポイントアドバイス
「葬祭ディレクター技能審査」は、
ご葬儀をプランニングできる証。

セレモニープランナーとして実務経験を積むことで、厚生労働省認定の「葬祭ディレクター技能審査」の資格にチャレンジできます。2級は実務経験2年以上(または葬祭ディレクター技能審査協会が認定した教育機関のカリキュラムを修了)、1級は実務経験5年以上で受験資格を得られます。いずれも学科試験と実技の両方が問われる試験です。2級は「個人葬」、1級は「社葬」までプランニングできる証となります。

※「葬祭ディレクター技能審査」については、詳しくは葬祭ディレクター技能審査協会のホームページをご確認ください。http://www.sousai-director.jp/