高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

  • HOME
  • インテリアコーディネーター

お仕事データ

暮らしにいろどりを!
インテリアコーディネーター
インテリアコーディネーターとは
空間のインテリアを
トータルに手がける仕事!

依頼を受けた住宅や店舗、オフィスやショールームなどの空間をトータルに手がける仕事。お客様の好みやライフスタイル、予算などをヒアリングし、家具や家電、照明、壁紙などをコーディネートします。見た目の美しさだけではなく、動きやすさや快適性などの希望をくみ取りながら、ベストな提案を行うことが大切です。

インテリアコーディネーターに向いてる人って?
流行に敏感で
自分のセンスを磨いていける人。

デザインの流行や時代に合った住環境づくりなどに敏感な人が向いているでしょう。家具や家電のメーカーに足を運んで勉強するほか、若者に人気の音楽や服装などを参考に自分のセンスを磨いていく姿勢が求められます。お客様や施工業者と円滑にやりとりするために、コミュニケーション能力や明るく前向きな人柄も必要です。

インテリアコーディネーターになるには

高校や専門学校、短大、大学を卒業後、住宅メーカーや家具メーカー、インテリアショップなどに就職するのが一般的。インテリアコーディネーターには民間資格がありますが、必ずしも必要というわけではありません。とはいえ、就職に有利で、依頼主からの信頼にもつながるので取得しておいたほうがベターです。また、建築・インテリア系の学科でインテリアについて学べる大学・短大・専門学校もあります。

※インテリアコーディネーターの資格については、公益社団法人インテリア産業協会のホームページをご確認ください。http://www.interior.or.jp/

ワンポイントアドバイス
インテリアプランナーにステップアップ。

インテリアコーディネーターは主に個人住宅を手がけることが多い仕事。さらなるステップアップを目指し、商業施設やオフィス、駅、空港、ホテルなどさまざまな建築物のインテリア企画・設計を行うには「インテリアプランナー」の資格取得がオススメです。詳しくは公益財団法人建築技術教育普及センターのホームページをご確認ください。http://www.jaeic.or.jp/