高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

お仕事データ

似合うスタイルを提案
ファッションアドバイザー
ファッションアドバイザーとは
お客様の好みやスタイルに合わせ、
洋服をコーディネート。

アパレルショップやデパートのファッション専門店などで、お客様一人ひとりの好みやスタイルに合った洋服をコーディネートし、販売するのが主な仕事。接客やレジの業務だけでなく、商品を見栄え良くディスプレイしたり、マネキンのコーディネートを考えたり、お客様が買い物しやすい売場づくりも担当。また、棚卸業務や発注業務に加え、お店によってはダイレクトメールの作成といった販売促進業務も行います。

ファッションアドバイザーに向いてる人って?
人と接するのが好きで、
お客様のニーズをキャッチできる!

ファッションに興味があることはもちろん、基本的には接客の仕事なので人と接するのが好きなタイプは活躍できるでしょう。また、ファッションアドバイザーにはお客様がどんなものを求めているのかを素早くキャッチするための観察力も重要です。流行の最先端で働く華やかな職業の一方、立ち仕事に加え商品の運搬や出し入れなどもあることから、ある程度の体力も求められます。

ファッションアドバイザーになるためには

特に決まったルートや必要な資格があるわけではありません。高校卒業後にショップに就職することも可能ですし、アルバイトからファッションアドバイザーになる人もいます。とはいえ、店長を目指すなど明確な目標がある場合は専門学校や短期大学などで専門知識やコーディネート技術を学ぶのがおすすめです。必須ではありませんが、「販売士」などの資格を持っていると、仕事の幅が広がるでしょう。

※販売士の資格については日本商工会議所の検定試験ホームページでご確認ください。https://www.kentei.ne.jp/

ワンポイントアドバイス
あなたがブランドの広告塔!

ファッションアドバイザーは洋服の知識だけでなく、ブランドのストーリーを理解しておくことも大切です。ブランドイメージに合った上手な着こなしは、お客様に対するセールスツール。お手本にしたいと思ってもらうことで、売上につながることもあります。ファッションアドバイザーは、一人ひとりがブランドの広告塔ということを意識して働くと良いでしょう。

この仕事の求人例