高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

  • HOME
  • 料理研究家

お仕事データ

料理やレシピ研究の専門家。
料理研究家
料理研究家とは
料理のレシピを考案し、
人々に広めるスペシャリスト。

料理研究家は、オリジナルレシピの開発や飲食店・企業へのメニュー提供、商品アドバイスなどを行う料理研究のスペシャリスト。調理人とは異なり、料理のレシピを自ら考案し、人々に広めることが主な仕事です。オリジナルレシピの研究ではさまざまな食材や調味料を組み合わせ、見栄えや再現しやすさも考慮した上で長い時間をかけて完成まで導きます。料理研究家の活躍の場は、テレビの料理番組や雑誌の料理コーナー、料理教室など多種多彩。食品メーカーとの商品開発や地元の食材を使った観光客向けのグルメを開発することもあります。

料理研究家に向いてる人って?
「食」への情熱があり、
試作を続けられる研究熱心なタイプ。

料理研究家に大切なのは「食べること」が好きな人。日々、料理のレシピを考え、試作しては試食を繰り返すことから「食」への情熱は欠かせません。また、レシピ作りは答えのない世界でもあるので、食材や火加減、加熱時間などを変えながら根気よく試作できる研究熱心さも必要。新たなおいしさのアイデアを生み出すためには、柔軟な発想力も求められます。

料理研究家になるためには

料理研究家になるための資格や学歴は特にありません。ただし、料理研究家として活動するには、栄養についての専門的な知識や基礎的な調理技術は身につけておきたいものです。そのためには、大学や短大、専門学校に進学して食物・栄養学や調理について学ぶのが一般的。また、飲食店に勤めて腕を磨いたり、有名な料理研究家に弟子入りしてアシスタントとして働いたり、この仕事に就くためのルートはさまざまです。

ワンポイントアドバイス
アイデアやPR方法次第で、
さまざまな可能性が広げられる職業。

最近では、一般の人がオリジナルレシピを投稿できる料理サイトや料理アプリが流行。その人気レシピを集めた料理本が出版されるほど注目を集めています。料理研究家の中には、もともとは専業主婦で子育てが落ち着いたころにデビューする人も。また、インターネットを活用することで、地方でも世界中に自分のレシピを発信できます。アイデアやPR方法次第で、さまざまな活躍の可能性が満ちている職業といえるでしょう。