高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

  • HOME
  • 中川 竜二さん

中川 竜二さん
インタビュー公開日:2019.09.24

ダンスイベントに出場し、
運営を手伝ったのがきっかけ。
表面から見ると、華やかで楽しいダンスイベント。その裏方には、企画や運営を担うスタッフがいます。札幌で大規模なダンスコンテスト「KING DANCE MATSURI」などを主催するKING PRO.でイベントプロデューサーとしてキャリアを築いているのが、中川竜二さんです。
もともとは、中川さんもダンスを楽しむ側の一人でした。「高校時代に学校祭で、遊び半分でダンスを披露したらみんなに注目され、それをきっかけに部活を辞めてダンスを習いに行くことにしました。その時からの師匠が、今の会社の社長であるMAMEだったんです」
学生時代は、2007年から始まったイベント「KING」に自身も出場しながら、運営を手伝うように。「街中のビルにフライヤーを配ったり、会場設営をするところから始まり、裏方も楽しいと思うようになりました」
これからのダンスの普及・発展を、
仕事にしていくことを目指して。
当時はイベントの運営を担う人が少なく、「ここで自分にしかできないことがありそうだ」と思うようになったという中川さん。北海道でダンスを普及・発展させ、ダンサーを世に送り出していくというKING PRO.の理念に共感し、さらに中学校でダンスの必修化が決まった時期でもあったため、ダンス業界にも可能性を感じていました。
大学卒業前は、就職活動をしていたものの、「面接でダンスの普及や活性化をしたいという話をしたら、『会社でやるより自分でやった方がいいんじゃない』と言われ、確かにそうだなと思いました(笑)大きな組織で企画を通すには時間がかかります。やりたいことをやるには、小さなところから広げていった方がいいと思いました」
その時点で就職活動を辞め、師匠のMAMEさんのもとでダンスの普及活動を仕事にしていくことに決めました。
最初は仕事内容も手探り。
人とのつながりが徐々に形に。
最初は、どんな仕事をしていくか手探り状態からのスタートでした。自社で主催するイベントの企画・運営や広報を軸に、興味を持ったり協力してくれそうな人と話をしているうちに、企業のCMにダンサーの出演や振り付けの依頼を受けたり、イベントにダンサーが出演するなど、仕事に発展していくことも増えました。
また、北海道の大学生のダンスバトルイベント「アルキタ杯」も企業とのコラボレーションの一つです。このイベントでは、KING PRO.が企画・運営を担当しています。若いダンサーを応援し普及させるという目的が双方で一致し、中川さんとしても学生と直接つながれる重要な機会になっています。
北海道のダンスを盛り上げたい。
その思いで日々仕事をしています。
「この仕事では、イベントの当日を迎え、みんなが盛り上がって喜んでくれている時が一番楽しいですね。でも、毎回反省点もあります。そこを改善して、自分たちにしかできないものを追求しています」
北海道のダンス人口は増えており、初心者から通える小さな教室から、もっと上手になりたい人のためのスタジオまで充実してきています。また、ダンサー同士でも派閥がなく、ダンスシーンを盛り上げるために協力する体制ができているといいます。
「そんな中、10年以上にわたり開催している『KING』は、ダンス愛好者向けの濃いイベントに成長しています。もっとダンスの間口を広げるために、『KING』とは別に、ダンサー以外の人も気軽に見に来られるような大きなイベントも企画していきます」
映像制作をもう一つの軸に。
新たな世界を開拓しています。
イベント企画だけでなく、最近は映像制作ももう一つの軸にしていきたいと考え、取り組んでいる中川さん。札幌で活動するダンサーのプロモーション動画が国内の映画祭にノミネートされるなど、徐々に頭角を表しています。現在は、中川さんの後輩も入社し、自社イベントは後輩に任せ、企業との企画や映像制作など新しい仕事の開拓に専念しています。
アイデアを出し、新しく面白いものを作っていくのがイベントや映像制作ですが、会社の中でも、レールの敷かれた道だったわけではないからこそ自分の力で作り上げる喜びを見出している中川さん。「与えられた仕事をするのではなく、常に自分で考えて発信していかなければなりません。難しいこともありますが、それが楽しいですね」
シゴトのフカボリ
拝見!オシゴトの道具
動画撮影向きの一眼カメラ
「これから動画制作に本格的に力を入れていく!」と決めた時に購入した、SONYの高性能デジタル一眼カメラ。比較的軽く、バッテリーの持ちがいいので動画撮影に向いています。
シゴトのフカボリ
みなさんへ伝えたいこと

KINGPRO.のスローガン「PLAYthe DANCE〜ダンスをアソベ〜」にちなんで、「人生をアソベ!」。終身雇用の時代も終わり、やりたいことを仕事にしていく時代になると思います。
ぜひ楽しいことをやっていきましょう!

合同会社KING PRO.

北海道の芸術文化としてストリートダンスの普及・発展を目指し、各種イベント企画や企業との連携によるダンサーの育成、輩出に取り組んでいます。

住所
北海道札幌市中央区南4条西13丁目1-23-301
URL
http://play-the-dance.com

お仕事データ

イベントの企画から運営までを統括!
イベントプロデューサー
イベントプロデューサーとは
企画立案や各種手配、予算管理、
PRなどすべてを担う指揮官。

コンサートや展示会、コンテスト、フェスティバルといったさまざまなイベントの企画から制作、運営までを統括するのがイベントプロデューサー。多くの場合、クライアントの意向をヒアリングした上で、まずは企画立案から全体の方向性を決定。さらに、会場の手配や設営、スポンサー集め、スタッフの手配、出演者への交渉、マスコミへのPR、予算管理を行いながら、イベントに関わるすべての指揮を担います。

イベントプロデューサーに向いてる人って?
リーダーシップを持ちながら、
チームワークも重視できるタイプ。

イベントプロデューサーは多くのスタッフや各協力業者の指揮をとるため、リーダーシップが求められます。一方、全員が気持ち良くスムーズに働けるように仕事を進めなければならないことから、チームワークを重視して目標に向かうことが好きなタイプにも適性があるでしょう。また、企画力や判断力、交渉力も必要。何より、人に楽しんでもらうことが好きな人に向いているでしょう。

イベントプロデューサーになるためには

イベントプロデューサーになるための特別な資格はありません。大学・短大、放送・イベント系の専門学校を卒業後、広告代理店やイベント制作会社に勤務するのが一般的。広報や予算管理も重要な業務になるので、マーケティングやコンサルティングの知識も学んでおくと役立つでしょう。就職後はアシスタントとして実務経験を積み、イベントプロデューサーへとステップアップしていくケースが多いようです。

ワンポイントアドバイス
企業や自治体のイベントなど、
活躍の場が広がっています。

日本経済が低迷した時期はイベントも縮小傾向にありました。最近はインターネットの普及が進む一方、「リアル」な場を求める人に対し、一般企業や自治体がイベントを開催するケースが増えてきています。例えば、地域活性化を目的とした自治体のフェスティバルが開催されたり、晩婚化の影響からお見合いイベントなどのニーズが高まっていたり、イベントプロデューサーの手腕が発揮される場がたくさんあるようです。そのため、就職やキャリアアップのチャンスも広がっています。