高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

  • HOME
  • ステージスタッフ

お仕事データ

ステージと客席に一体感を!
ステージスタッフ
ステージスタッフとは
自身が担当する仕事を通し、
お客様を盛り上げるのが役割!

コンサートやライブ、演劇、イベントなど、ステージの準備や運営、演出を手がけるのがステージスタッフ。音響や音質を調整する「PAエンジニア」、楽曲や演出に合わせてライトを操る「照明エンジニア」、背景やスクリーンに映像を映し出す「映像エンジニア」といったステージエンジニアの他、楽器や機材を運搬してセッティングする「ローディ」、会場の設営や受け付け、警備などの仕事も総称してステージスタッフと呼ばれています。いずれも自身が担当する仕事を通じて、お客様に一体感と盛り上がりを届けるのが仕事です。

ステージスタッフに向いてる人って?
エンターテインメントに興味があり、
裏方として出演者を支えられる人。

音楽や演劇といったエンターテインメント全般に興味がある人はステージスタッフに向いているでしょう。裏方として出演者を支えることに加え、どんな現場や会場であってもステージを盛り上げるという信念も必要です。また、ステージに関わることすべてに気を配り、不測の事態に対して迅速に行動することも求められます。音響や照明、映像といったエンジニア職にはクリエイティブな感性も大切です。

ステージスタッフになるためには

ステージスタッフになるための特別な資格や学歴はありません。ただし、多くの場合、音楽や芸術、工学系の専門学校・短大・大学などの音響学科やコンサートスタッフ科などでステージスタッフに必要な基礎知識を学びます。就職先は、舞台制作会社やイベント制作会社、アーティストが所属するプロダクション、音響・照明・映像それぞれのエンジニアのプロダクションなどさまざまです。

ワンポイントアドバイス
デジタルで手軽に音楽が聞ける分、
本物を見たいという人も増加中!?

音楽CDやライブDVDは売上が低迷しているといわれている一方、ライブ公演数やライブ入場者数は増えているというデータがあります。ここ最近は音楽を中心とするデジタルコンテンツの配信サービスが人気を博していますが、手軽な分だけ「実際に本物を見てみたくなる」というニーズもかき立てているようです。ステージスタッフは、今後も需要が高まっていくと見込まれます。