高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

  • HOME
  • 千葉 大輔さん

千葉 大輔さん
インタビュー公開日:2019.11.13

一度は別の仕事に就いたものの、
食に携わりたくて入社。
室蘭でやきとりといえば、豚肉、玉ねぎ、洋がらしに特製ダレ。昔から地元の人に親しまれている味です。千葉大輔さんは、室蘭やきとりを代表するお店、昭和25創業のやきとりの一平で「焼き師」の仕事をしています。
室蘭市の隣の登別市出身の千葉さん。学生時代から食に興味を持ち、商品開発などに携わりたいと考え、大学卒業後はコンビニエンスストアの本部に就職しました。しかし、家族の介護をきっかけに退職して地元に帰り、地元で別の業種で働くことに。
「自分のやりたかった事とちがう…」目標を無くしてしまい思い悩む千葉さんの様子を見ていた母が、知人であるやきとりの一平の先代社長に相談。「それならうちに来てみない?」と声が掛かり、入社することになったのだそうです。
たくさんの客が訪れる繁盛店。
「おいしい」の声が励みに。
お店で働いてみて、千葉さんが驚いたのは、その忙しさでした。1日で通常は1,000本、多い時は4,000〜5,000本ものやきとりを二人の焼き師で焼くのです。
大人数の宴会が入ることも多く、満席となるピーク時には1グループから10本、20本という注文が入ります。17時の開店から、21時ころまでは手を休める暇もありません。
それでも、カウンターのお客様に近い距離で焼いていると、声を直接聞く機会も多いとか。「お客様から『おいしい』と言われる時は、本当にうれしいです。常連さんは、忙しい時は挨拶程度ですが、余裕がある時はカウンター越しに世間話をしたりもしますよ」
奥が深いやきとりの世界。
日々、技術を高めています。
やきとりの一平では、串ものは炭火で焼いています。肉の種類や部位、脂の付き方などによって一本一本違い、火力もスイッチ一つでとはいかないので、その技術は奥が深そうです。「正直、店で働く前に自分で料理をしても、肉を焼くということをこんなに深く考えたことはありませんでした。どうなったら中に火が通るのか、だからやきとりではこうする、と、先輩が理論から教えてくれました。理論や先輩の仕事を見るだけではわからない部分も多く、日々精進しています」
やきとりのネタごとに火の通り方が違うため、炭も強火の部分と弱火の部分を作っておき、随時調整しています。30本、40本とまとめて焼きますが、1本ずつ目を配って焼き上げていきます。
やきとりを通して、地元・室蘭の
食文化を発信したい
学生時代から食に携わる仕事がしたいと考えていた千葉さん。やきとりの一平でも、室蘭の食文化である室蘭やきとりの魅力を広く発信したいという希望を入社時に話し、社長もその志を理解し、応援してくれているといいます。
そのためにまずは、室蘭やきとりを極めるべく、現場でやきとりを焼き提供する技術を身につけています。
また、道内や本州で開催されるご当地グルメや、やきとりのイベントに参加し、室蘭やきとりを紹介してきました。「室蘭以外のいろいろな人の反応を見ることができて良かったです。『やきとりなのに豚なんだね』と珍しがられたり、その地域が豚を好むところか鶏を好むところかによって支持のされ方が変わったりと発見があり、参考になります」
やりたいことができてよかった。
楽しみつつ全力で進みます。
勉強のために休日に他の店に食べに行ったり、まとまった休みには旅行に出かけて現地のおいしいものを食べてくることも。「今年は、九州旅行に行き宮崎地鶏のやきとりを食べました。うちの店ならどうやって提供するか?といつも考えますね」
飲食以外の仕事も経験したことから、改めて「好きな仕事ができてよかった」と実感しているという千葉さん。日々、おいしいやきとりを作ることや接客が、自身の目標につながっていることを感じています。
「やりたいことを仕事にできれば、生き生きできると思います。楽しむと同時に、一瞬一瞬を大切に、『今を生きる』だけですね」
シゴトのフカボリ
飲食店調理担当の一日
10:00
出勤
やきとり以外の料理の仕込み
11:30
帰宅
16:00
出勤
開店準備、賄いを作る
17:00
開店
やきとりを焼く
23:00
閉店
23:30
退勤
シゴトのフカボリ
拝見!オシゴトの道具
愛着のあるマイ包丁
肉を切るための牛刀、刺身を作る柳葉包丁、さまざまな調理に使える万能包丁の3本を持っています。自分の包丁を持ち、道具のメンテナンスを行う事で、自分の仕事道具への愛着がわいてきます。
シゴトのフカボリ
みなさんへ伝えたいこと

大学時代にやっていたサークルにて言われた言葉です。いつ死ぬかわからないのだから、自分の人生に満足できるように今を全力で生きろ、という意味が込められています。

インターンシップ 職業講話

やきとりの一平

日本三大やきとりの一つ、「豚肉、玉ねぎ、洋がらしに特製ダレ」の特色ある室蘭やきとりを代表する名店。室蘭周辺のほか札幌に店舗を構えています。

住所
北海道室蘭市中島町1丁目17-3
TEL
0143-44-4420
URL
https://www.e-ippei.com

お仕事データ

おいしい料理と笑顔をサーブ!
飲食店ホールスタッフ
飲食店ホールスタッフとは
接客サービスとともに、
居心地の良い時間を提供。

レストランや居酒屋、食堂、ラーメン店などで接客サービスを行うのが飲食店ホールスタッフ。お客様の来店に伴って席を案内し、メニューを渡した上でオーダーを聞きます。キッチンから料理が出来上がるとスピーディに配膳し、食事が終わった後にお会計をするのが一連の流れです。お店の規模によっては案内係、注文係、配膳係、会計係というように担当が分かれている場合も。飲食店ホールスタッフに大切なのはホスピタリティ。お客様においしい料理を提供するだけでなく、快適な時間を過ごせるように心配りをするのも重要な役割です。

飲食店ホールスタッフに向いてる人って?
「食」に興味があり、
元気で明るい接客ができる人。

飲食店ホールスタッフは接客サービスがメインの仕事。元気なあいさつや明るい笑顔に自信がある人にはピッタリです。複数のテーブルから注文を受けたり、キッチンにオーダーを通す際にお客様に呼び止められたりすることもあるため、マルチタスクをこなせる要領の良さも求められます。また、「食」に興味があるほうがスキルアップにつながりやすいでしょう。

飲食店ホールスタッフになるためには

飲食店ホールスタッフは未経験からでも受け入れてくれる職場が多い仕事。特別に必要とされる資格や経歴はありません。高校や専門学校、短大、大学卒業後に飲食店を運営する企業やホテルのレストランなどに就職するのが一般的です。仕事の知識やスキルは入社後に研修を受けて学べます。まずは興味のある食やお店を見つけ、求人を募集しているかチェックしてみてはいかがでしょう。

ワンポイントアドバイス
働きぶりを認められたら、
店長に昇格できるチャンスも。

飲食店ホールスタッフは、仕事ぶりが認められた際には店長にステップアップできるケースも少なくありません。その場合は現場で働く他、スタッフのまとめ役として人材をマネジメントする能力も求められるでしょう。企業や店によっては最初から店長候補として飲食店ホールスタッフを採用し、マネジメントスキルを高める教育を行うこともあります。