高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

村上 拓生(たくま)さん
インタビュー公開日:2019.07.01

未経験からの転身、
まずは調理の練習からスタート。
医薬品の登録販売者の資格を持ち、ドラッグストアの店長として活躍していた村上さん。ドーナツ・ベーグル専門店の「ふわもち邸」を経営する兄からの誘いで、クレープとドリンクを扱う新業態の「つつみや」の店長に着任することになりました。
「ドラッグストアでの接客も楽しかったですが、経験のなかった飲食の世界に『面白そう、やってみたい』という気持ちの方が勝りました」とはいえ、普段はほとんど料理をしないという村上さん。まずは社長である兄のもとで「 クレープの作り方」はもとより「調理の基本」をイチからを学ぶところからのスタートだったそう。
従業員も全員、新規採用。
オープン後はSNSでも話題に!
お店は、大丸札幌店の店内で飲食や美容、雑貨など女性向けの新感覚のお店を集めたゾーン「KiKiYOCOCHO(キキヨコチョ)」内に2018年4月にオープン。村上さん以外の従業員も新規に採用され、クレープ作りや接客のトレーニングを重ねました。
オープン後は、生のフルーツを使ったクレープがおいしい、可愛いと瞬く間に評判に。忙しい日々が始まりました。
「お客様に直接『おいしかった』と言ってもらえる時がやはりうれしいですね。SNSに投稿してくださる方も多いので、お客様の声を参考にするために毎日チェックしています」
意外とハードで体力勝負。
従業員の体調にも気を配ります。
扱う商品は華やかですが、それを作る舞台裏は、意外とハード。
つつみやでは、生のフルーツをお店で切ってトッピングしており、生地や生クリーム、ソースも自家製のため、仕込みには時間がかかります。シフト制で、早番の人が開店2時間前から仕込みをしています。
営業時間内は立ちっぱなしですし、連休など忙しい時にはたくさんのお客様が訪れるので、体力勝負の仕事だといいます。そんな中、村上さんが店長として最も気を付けていることは、従業員の体調管理だとか。
「私以外の従業員は、全員女性です。忙しい時などは、つい頑張りすぎで無理をしてしまう人も多いので、休憩をしっかり取るよう声を掛けたり、シフトの時間通りに上がれるように段取りを組んでいます」
人と接することが好きな人、
流行に敏感な人に向いています。
最初は未知の世界だった飲食業界に飛び込んだ村上さんでしたが、次第にその魅力にハマり、やりがいを感じるようになったのだそう。飲食店の仕事に向いている人はどんな人だと思うか聞いてみました。
「接客がメインですので、人と接することが好きな方が向いていると思います。得意ではなくても、経験を重ねればできるようになるので大丈夫ですよ。興味があったら学生のうちに、アルバイトをして経験しておくのもいいですね」
また、商品が多くの人に受け入れられることも大事なので、流行に敏感な人も向いているとのこと。SNSや雑誌を見たり、少し先を読むために関東や関西で流行しているものをチェックすることも欠かせないといいます。
全国の人に知ってほしい!
商品開発にも熱が入ります。
催事の出店で、名古屋や広島、松山などにも出向いています。北海道らしい商品として、本州では特にフロマージュ(チーズ)系のクレープに人気が集まるとか。
「本州のお客様からも、『おいしかった』『札幌のお店にも行ってみたい』と言われ、手応えを感じました。つつみやの名前をもっと知ってもらい、全国にファンを増やしたいと思っています」
1カ月に1回以上のペースで新商品も開発。「食材の組み合わせで、味は無限にあるので難しいですね」。勉強のために、休日にもカフェやクレープを出す店へ視察に行き、お店の成長のために努力を重ねています。
シゴトのフカボリ
飲食店店長の一日
10:00
出勤(この日は遅番)
開店、接客や製造
12:00
売上げ等、入出金の確認や
材料の発注、事務作業
15:00
昼休み
16:00
接客や製造
20:00
退勤
シゴトのフカボリ
みなさんへ伝えたいこと

学生のうちは、自分のやりたいことがわからない人も多いと思いますが、挑戦していくうちに出会えると思いますよ!私も飲食店は未知の世界でしたが、働き始めてからやりがいを感じるようになりました。

シゴトのフカボリ
拝見!オシゴトの道具
クレープを焼くにはこれが必須
クレープを伸ばしたり、引っくり返すのに必要なアイテム(レードル、トンボ、スパテラ)。これを使いこなすのが、つつみやでの第一歩です。筋が良い人は、2〜3日でできるようになるようです。
インターンシップ 職業講話

株式会社つつみや

北海道産小麦を始め材料と手作りにこだわり、旬のフルーツを載せたここにしかないクレープを提供。おいしくてインスタ映えすると好評です。

住所
北海道札幌市中央区北5条西4丁目7番地 大丸札幌店3F KiKiYOCOCHO
TEL
011-206-8586(直通)
URL
http://www.fuwamochi-tei.com/tsutsumiya

お仕事データ

お店の運営と管理を!
飲食店店長
飲食店店長とは
お店の行く末を左右するという、
手応えの大きいポジション。

飲食店店長は、お店の管理と運営をどちらも担う重要な役割。売上や家賃、人件費といったお金の管理はもちろん、スタッフのシフト作成や教育、採用、さらに食材の発注、営業計画まで幅広い業務を行います。目標の売上に達するためのプランを考える後方支援だけでなく、時には部下のお手本となるような接客や調理をするのも仕事のうち。お店の行く末を左右する責任のあるポジションの反面、やりがいや手応えは大きいはずです。

飲食店店長に向いてる人って?
コミュニケーション能力を筆頭に、
幅広いスキルが必要。

飲食店店長はスタッフやお客様、食材の納入業者、チェーン店の場合は本部ともやりとりをすることからコミュニケーション能力が欠かせません。また、部下やアルバイトを引っ張っていかなければならないため、リーダーシップも問われます。お金や在庫の管理も仕事のうちなので、「数字に強い」こともある程度は求められるでしょう。

飲食店店長になるためには

特に必要な資格はなく、未経験からでもチャレンジしやすい仕事。飲食店に正社員として就職し、しばらくスタッフとして経験を積むほか、アルバイトやパートからスタートし、店長にステップアップするケースも少なくありません。調理専門学校のなかには飲食店やカフェの経営を学べる学科などもあるので、フードサービスの基礎を身につけてから挑戦するコースもオススメです。

ワンポイントアドバイス
スタッフのマネジメントが
とりわけ大切な仕事。

人材のマネジメントは売上に関わる重要な業務。リーダーとしてスタッフをまとめ、一人ひとりが生き生きと働けるよう管理・教育することでやる気と能力が引き出されます。具体的には人員が不足しないように配慮しながら休み希望を取り入れたシフトを作成したり、元気のない人に声がけしてモチベーションを高めたり、仕事への意欲を促すことでお客様への貢献につなげることが大切です。