• ホーム
  • 佐藤 あおばさん

佐藤 あおばさん
インタビュー公開日:2017.08.31

かつて泊まったホテルの
スマートな接客にあこがれました。
ホテル業界の仕事に携わる人は、自身が宿泊先で受けた「おもてなし」にあこがれを抱いて働き始めるケースも少なくないはずです。「天然温泉 プレミアホテル-CABIN-札幌」のフロントスタッフの佐藤あおばさんもその一人。高校3年生の就職活動の時期に、子どものころに泊まったホテルの思い出がふと頭に浮かんできたそうです。
「接客してくれたスタッフの方は所作が実にスマート。かといって冷たい印象をまったく与えずにおもてなしをしてくれました。自分もそんなふうにお客様を迎えてみたいと、高校に届いている求人票の中から当ホテルの募集を見つけたんです」
1カ月の研修があったけれど、
デビューの日は頭が真っ白(笑)。
入社後、佐藤さんは1カ月の研修を受けました。その内容は同ホテルグループの概要はもちろん、札幌市内の観光案内や表情を生き生きとさせるための顔の体操、研修生同士の現場シミュレーションなど手厚かったと振り返ります。
「実践で役立つことを学び、いざフロント業務のデビュー戦!準備は万端に整っていると思っていたんですが、初日はあまりの緊張で頭が真っ白に…」と苦笑しました。
すすきのが近いこともあり、
外国人のお客様も多いんです。
フロントの仕事はチェックイン・アウトの受付がメイン。シフトの時間帯によって異なりますが、ほかにも予約カードをまとめたり、翌日に泊まる方の部屋を割り振ったり、事務作業も少なくありません。
「当ホテルは北海道を代表する観光スポットのすすきのが近いこともあり、外国人のお客様が多いほうです。今はまだ英語の勉強中なので、海外からの旅行者には身振り手振りでなんとかお店などをご案内しています(笑)」
どんどん経験を積んで、
お客様にとってベストな接客を!
フロントの先輩方はお客様の細かな表情を見逃さず、状況に合ったお声がけをしているのだとか。佐藤さんも真似してみるそうですが、なかなか上手くいかないのが現状です。とはいえ入社から1年半ほどでは当然のような気も。
「人によっては館内説明を丁寧にしすぎると煙たがる方もいますし、その逆のタイプもいらっしゃいます。お客様の好みの接し方を見極めるには、まだまだ経験を積まないといけません」
時にはお客様のお叱りを受けることがあっても、佐藤さんは「次に生かそうととらえています」とあくまで前向きです。
夜勤の次の日は必ずお休み。
遊ぶ時間もたっぷりとれます。
ホテルのフロントを訪ねるお客様は、職業も背景も国籍だってさまざま。そんな多くの人と接することができるのは人生勉強になり、「ありがとう」の言葉は佐藤さんのモチベーションの原動力です。
「ホテルの第一印象はフロントで決まりますから、どんな時でも笑顔で働こうって決めています」
ところで、フロントスタッフというと夜勤もあるので大変に映るような…。
「友人からもよく言われるんですが、当ホテルの場合、夜勤の翌日は必ずお休み。夜勤明けの朝から数えると次の出勤までにはかなり自由な時間があるので、遊びも目一杯楽しめるんですよ!」
シゴトのフカボリ
ホテルフロントスタッフの一日
16:30
出勤
17:00
チェックイン対応
1:00
締め作業/翌日の準備
3:00
休憩
6:00
チェックアウト対応
10:00
退勤
10:30
遊びにGO!

天然温泉 プレミアホテル-CABIN-札幌

札幌の中心部、すすきののすぐそばにある好立地。宿泊者は天然温泉も楽しめることから、国内外の旅行者やビジネス客に大人気。

住所
北海道札幌市中央区南5条西7丁目5-2
TEL
011-213-1301
URL
http://cabin.premierhotel-group.com/sapporo/

この企業の求人例

>もっと見る(5件)

お仕事データ

お客様に快適な時間と空間を提供。
ホテルスタッフ
ホテルスタッフとは
さまざまな部門が連携し、
お客様に細やかなサービスを。

ホテルではお客様をもてなすためにさまざまな部門のスタッフが連携して働いています。例えば宿泊部門ではカウンターで受付を担当する「フロントスタッフ」、お客様を客室まで案内する「ベルパーソン」、あらゆる要望や問い合わせに応える「コンシェルジュ」、そして客室の清掃やベッドメイキング、備品の補充など担当をする「ハウスキーパー」などがあります。その他、料飲部門では「ウェイター・ウエイトレス」や「調理師」がレストランのサービスや調理などを担当し、宴会部門では「プランナー」が結婚式やセミナーなどの行事を取り仕切ります。

ホテルスタッフに向いてる人って?
ホスピタリティマインドを持っている人!

ホテルスタッフの仕事はお客様に快適な時間と空間を提供すること。どの部門で働くとしても、「相手が喜んでくれることがうれしい」というホスピタリティマインドを持っていることが大切です。また、ホテルスタッフの多くが接客業なので、お客様の気持ちを察するための目配りや気配りができる人にも向いています。ホテルでは大勢のスタッフと連携して働かなければならないため、各部門と協力し合うチームプレーも求められるでしょう。

ホテルスタッフになるためには

ホテルスタッフには特に資格は必要ありません。高校・専門学校・短大・大学卒などさまざまな学歴の人が働いています。一部には観光学科をはじめホテルの知識を得られる教育機関も。ホテルスタッフになるには各ホテルの採用試験を受けるのが近道です。また、調理や結婚式の部門を目指す場合は、それぞれの学びに特化した専門学校などもあります。

ワンポイントアドバイス
語学力や国際感覚を身につけよう!

近年、外資系のホテルが国内にも多数進出したことや、外国人観光客を呼び込みたいホテル側の要望により、ホテルスタッフにはこれまで以上に語学力や国際感覚が求められるようになりました。ホテルスタッフとして一流の立ち居振る舞いを身につけた上で、国際化に対応できるスキルをさらに身に付けられれば、その後のキャリアアップにも役に立つでしょう。

この仕事の求人例