高校生・大学生のための北海道の仕事に出会えるキャリア探求サイト

MENU

  • HOME
  • 千葉 圭亮さん

千葉 圭亮さん
インタビュー公開日:2017.08.31

サッカーに近い場で働こうと、
学生時代のバイト先にUターン。
インタビューのマイクを向けた千葉圭亮さんは、札幌の人気フットサル施設「フットサルスタジアム蹴」の営業企画職。子どものころからサッカーを続け、できればプロになりたいと思っていたと切り出します。
「けれど大学時代、北海道コンサドーレ札幌の若手選手と練習試合で対戦した時にレベルの差を痛感して…あとはお察しください(笑)」
卒業後は大手カーディーラーの営業職に。ところが、大好きなサッカーへの思いがどうしても断ち切れず、学生時代にもバイトを経験したことがあるという同施設に舞い戻りました。
企画の考案やスポンサー集めの他、
フットサルスタジアムの業務も。
一般的な営業職はモノやサービスを販売するイメージ。けれど、千葉さんはフットサルスタジアムの「営業企画」という肩書きです。
「僕の仕事はお客様やフットサル人口を増やすためのプランを練ったり、名前を広く知っていただこうとスポーツイベントを考えたり。一つの企画に対してスポンサーを集めるなども仕事のうちです」
外回りの合間にはスタジアムの掃除や管理、受付対応をすることも。「だから、ちょっと特殊な営業職かも」と笑います。
イベントで1万5000人もの方に、
楽しさを届けられるのは誇りです。
「フットサルスタジアム蹴」が企画するイベントの一例は、さまざまなスポーツと日本舞踊や茶道といったカルチャーが無料で体験できる「スポカル」。
「スポンサーの募集や飲食ブースへの出店交渉は50社をゆうに超えるので苦労しますし、断られると当然ながら落ち込みます(苦笑)。反面、昨年は1万5000人ものお客様が来場されました。スポーツを通してこんなにも多くの方に楽しさを届けられるんだと、自分の仕事を改めて誇りに思えた瞬間です」
「雪」が不利になる北海道でも、
冬の練習場所として役立ちたい。
北海道の冬は雪が積もってしまうため、グラウンドで練習するスポーツ系の部活は本州に比べるとどうしても不利だとか。
「だけど、中高生のサッカー部にフットサルスタジアムを使ってもらったりすると少しでも冬場のテクニック向上に役立っているのかなと感じますし、『うんうん、校内で筋トレするよりボールを蹴るほうが楽しいよな』って昔の自分を思い出します(笑)」
スポーツを軸に多彩な取り組みを
進められるのもやりがいです。
北海道のフットサル人口は10年ほど前のピーク時よりも減ってきているそう。その対策として、千葉さんはデザイン性の高いフットサルウエアを開発したり、音楽を絡めたビーチサッカーのイベントを開いたり。スポーツを軸に多彩な取り組みを進めることで、興味を持ってくれる人を少しでも増やそうと努力しています。
「僕は残念ながらプロサッカー選手には手が届きませんでしたが、スポーツというフィールドで仕事の楽しみや広がりを感じながら働けるのって面白いです!」
シゴトのフカボリ
営業企画の一日
8:30
出勤
9:00
ミーティング
9:30
イベントのスポンサー集め
12:30
昼食
13:30
企画の考案/ウエアデザインのプランニング
16:00
施設の掃除・管理
17:00
施設の受付
17:30
スタッフのシフト制作
18:00
退勤

株式会社セブンスギア
フットサルスタジアム蹴

ハイセンスなインテリアと音楽を融合させた新しいスタイルのフットサル施設。学生リーグや子ども向けの個人技教室なども展開。

住所
北海道札幌市東区北42条東19丁目3-1(つどーむ向かい)
TEL
011-787-8721
URL
http://futsalsyu.net/

お仕事データ

アイデアをセールス!
営業企画
営業企画とは
売れる環境を作り、
営業部門をバックアップ!

営業企画のポジションを噛み砕いていうと、営業部門のバックアップとコンサルタント。販売戦略を立てたり、課題を分析したり、時にはお客様先に同行するなど、幅広い役割を担います。目標達成のために営業スタッフのモチベーションを上げるとともに、売れる環境を作るのも仕事の一つです。会社によっては、営業スタッフが営業企画を兼務することもあります。

営業企画に向いてる人って?
マーケティング戦略を立てるのが得意。

市場調査や分析などの業務も手がけることになるため、マーケティングに興味があると仕事になじみやすいはずです。企画書を作成することも多いので、戦略やプランを考えた上で、パワーポイントをはじめとするソフトを駆使してアイデアを落とし込む力も求められます。

営業企画になるためには

特に必要な資格はありませんが、営業現場を理解している営業職出身者が求められる場合が多いようです。また、コンサルティングやマーケティングといった分野を経験すると、営業企画の仕事内容に近いことから有利に働くケースもあります。

ワンポイントアドバイス
営業スタッフとの連携が大切。

営業企画は営業部門のコントロールタワー。企画書を作った時はスタッフ一人ひとりに思いや販売方針を浸透させることも大切です。具体的な戦略がしっかり実践されるようにコミュニケーションを密に取り、タッグを組んでいきます。プランを練るだけではなく、数字という結果を出すまでが大切な役割なので、チームワークづくりも欠かせない仕事です。

この仕事の求人例